プラットフォーム

Temenos Security

パブリッククラウドにおけるホスト型、マネージド型バンキングサービスの大手プロバイダーとしてTemenosは、安全で、規制に準拠した、信頼性の高いサービスを顧客に提供するのに必要な手法とポリシーを開発・改良してきました。

SOC2認証

SOC2認証を取得したことは、Temenos Cloudがセキュリティ、可用性、処理の完全性、機密性、データプライバシに関する指針に取り組むための、セキュリティポリシーやプラクティスを開発・導入することに尽力してきたことを 証明しています。

パートナーシップの構築

2011年、Temenosはバンキングソフトウェアプロバイダとして初めて、ハイパースケールなクラウドサービスプロバイダーである Microsoft Azureの支援を受けてクラウドサービスを開始しました。

Temenosは、グローバルなMicrosoftのGoldパートナであることを誇りとし、25年間にわたってパートナーシップを維持しています。Temenosは、Azureの金融サービスのISVとして第1位にランキングされています [Microsoft Azureのセキュリティについてさらに詳しく見る]

CSA CCM
メンバーとコントロールの見直し

Cloud Security Alliance Cloud Controls Matrix(CCM)は、基本的なセキュリティ原則を提供し、クラウドベンダーに指針を与え、クラウドの見込み客がクラウドプロバイダのセキュリティリスク全体を評価するのを支援する目的で設計されています。CSA CCMは、多くの領域でセキュリティの概念と原則についての詳細な理解を与えるコントロールフレームワークを提供します。

ISO27001認証

Temenos Cloudが取得した認証は、Temenosが顧客第一に考え、責任を持って営業していることを証明しています。これはTemenosが一貫して顧客のニーズに合った製品やサービスを提供し、リスクに取り組み、法的要件と規制上の要件を満たしていることを示しています。

GDPRへの準拠

Temenos Cloudのサービス提供および契約文書のサポートは、EU一般データ保護規則(GDPR)に準拠して行われています。

セキュリティ検査

Temenosのチームは、外部のセキュリティ脆弱性情報サイトを監視しています。脆弱性管理のルーチン業務の一環として、Temenosのセキュリティチームはこのような脆弱性リスクを評価し、必要に応じて迅速な対応をしています。

事業継続性

Temenos Cloudでは、年に1度のビジネスインパクト評価の見直しや、重要な事業継続準備の計画および定期検査など、包括的な事業継続プロセスを用意しています。

監視

Temenosは常に警戒を怠ることなくセキュリティを監視し、脆弱性やセキュリティ事象の防止、検知、対応に努めています。

弊社のクラウドサービス環境はMicrosoftおよびTemenosのさまざまなセキュリティツールによって監視されています。これにより多層防御を実現し、アーキテクチャの複数の階層で確実にセキュリティを監視できるようにしています。

継続的な改善

高いスキルを備えたTemenos Cloudチームは、継続的に分析や評価を行い、サービスのセキュリティ、運用、性能を向上させる新機能を公開しています。

Temenos Cloudはまた、Azureの新機能の見直し、アーキテクチャの複数の層で管理される強化型セキュリティコントロールの導入などの計画を進行中です。