プラットフォーム

分散型データベース

分散型リレーショナルデータベーステクノロジーを使用するよう設計されています。

従来型のリレーショナルデータベースでは、クラウドから最大のメリットを得られない場合があります。Temenosの製品は分散型データベースをサポートし、ネイティブでクラウド向けに設計・最適化されています。これにより、クラウドの採用によって得られた競争優位性を高めることのできる、データ管理アーキテクチャを提供します。エンタープライズクラスの分散型SQLデータベースプロバイダー、NuoDBとの戦略的パートナーシップや参画を通じて、あらゆるデータセンター、地域、クラウドプラットフォームにおいて、無制限の処理能力、自動拡張機能、最高レベルのアクティブ・アクティブ構成の復元力からメリットを得ることができます。

弾力的な拡張性

分散型データベーステクノロジーにより、弾力的なスケールアウトを必要に応じて、直線的に実施できます。既存データベースを用いた場合に発生する、不釣り合いなスケールアップコストを負担する必要はありません。

ゼロダウンタイムを実現

最初から信頼性を確保するよう設計されています。アプリケーションの稼働を維持して利用できるようにすることで、復元力を高めます。1つのデータセンターにおける自動化された冗長性や、障害復旧のためのアクティブ・パッシブなアーキテクチャ、さらにマルチアベイラビリティゾーンを使ったアクティブ・アクティブなデータベースまで提供しています。

信頼できるリレーショナルモデル

他の多くの分散型データベースソリューションとは異なり、大きな規模でデータの一貫性と完全性を確保するには、信頼できるリレーショナルモデルが必要だとTemenosは考えています。

クラウドコンピューティングのコストを削減

分散型データベースにより、ハードウェアの使用率を最適化し、冗長性を自動化し、災害時の復旧コストを削減できます。これにより、パフォーマンスを向上させながら効果的にコストを削減できます。