Delivery

導入戦略

Temenosは迅速な価値実現のための3つの異なる導入アプローチをサポートしています。

Temenosが提供する導入戦略である、ビルドアンドリノベート、継続的な改善、ビッグバンの3つから、貴行のビジネス戦略に合ったものをお選びいただけます。

ビルドアンドリノベート

ビルドアンドリノベート型アプローチでは、従来の統合を最小限に抑え、営業種目1つずつに新たな総合スタックを構築できます。その後、継続的なデプロイテクノロジーに基づいて継続的に改善し、残りのビジネス(顧客部門、地域、プラットフォームなど)をマイグレーションします。 これにより、旧システムから新システムへの移行期間中に使用する、多数のインターフェースを作成する複雑さ、時間、リスクが軽減されます。

継続的な改善

継続的な改善型アプローチでは、全社的な機能(チャネル、フロントオフィス、商品のバンドルと価格など)を個別に並行して順次導入します。各機能は個別に導入およびアップグレードできますが、新機能と既存アーキテクチャの統合が必要になります。

ビッグバン

このアプローチの名称が示すとおり、全銀行業務をサポートするすべての機能が1つのステップで構築されます。プログラムの最後に、ビジネス全体の移行作業が行われます。

233

2018年の成功導入事例は233件

1054

2011年以降の成功導入事例は1,054件

3000

150か国に3,000のクライアント

6000以上

高いスキルを備えたTemenosパートナーコンサルタントは6,000人以上

導入戦略の実績